なかなか消えないニキビ跡|ピーリング治療でツルンとタマゴ肌

メディカル

赤みや膨らみを治すため

照射治療

2種類のタイプ

美容整形外科でのにきび跡の治療には、大きく分けて2種類のレーザーが使われています。まずは、色素に反応して高熱をもたらすレーザーで、これは赤みがあったり茶色のシミになっていたりするにきび跡に有効です。照射すると、にきび跡ができている部分のみが熱せられて、肌細胞が色素と一緒に焦げて生命力を失います。そしてやがてかさぶたとなってはがれ、その部分はにきび跡のない白い状態になるのです。もうひとつが、肌の表面を削り取るタイプのレーザーです。これを使用すると、盛り上がったにきび跡はもちろん、えぐれたにきび跡も、その周辺が薄く削られることで、目立ちにくくなるのです。どちらも、肌を美しい状態に戻すことができるため、人気があります。

新陳代謝のペース

にきび跡は、本来は肌が日々おこなっている新陳代謝によって、ゆっくりとですが自然に消えていきます。しかし、新陳代謝のペースが落ちると、消えるまでに長期間かかるようになります。つまり、目立った状態が長続きしてしまうということです。昨今では、ストレスによるホルモンバランスの乱れから、新陳代謝のペースが落ちる人が増えてきています。さらに環境問題による紫外線量の増加から、シミタイプのにきび跡ができやすくなっています。こういった理由から、美容整形外科でのレーザー治療で消すことを希望する人は、多くなっていくと予想されています。レーザー治療なら、素早く手軽に消すことができるため、目立つにきび跡に悩む期間を短くすることができるのです。